受取人・保障期間の見直し

加入している生命保険の受取人は誰になっているでしょうか。受取人というのは保険金を受け取る人のことです。適切な人に設定されていない場合には、生命保険の見直しを行なったほうがよいでしょう。

一例として、生命保険の受取人が両親になっている場合、保険の見直し時期として「結婚」をきっかけに、パートナーを受取人にしたほうが一般的です。どういうことかと言うと、税制面の優遇を受けることが可能であるためです。パートナーが生命保険の受取人に設定されているケースでは、遺産の法定相続分まで相続税が非課税になるという税額控除が存在しています。また、配偶者控除の最低保障額は1億6000万円と定められているため、法定相続分をオーバーするケースでは1億6000万円まで相続税は非課税というメリットを享受することが可能になるのです。

そのほか、生命保険の保障期間が適切かどうか見極めることも大切です。保険料は高齢で新たに加入するほど、更新が行なわれるごとに高額になります。保障期間が短い生命保険では、このような理由であとあとの保険料の負担が増してしまいます。なるべく若いころに保障期間が長く設定されている、必要な保障が整っている保険に加入することが大切です。

保険料・保障金額の見直し

現在、加入している生命保険の保険料が、過度な負担となってはいないでしょうか。なお、保険料というのは保険契約者に対し支払いを行なうことが義務付けられている、利用料金のようなものです。

もし生活を圧迫してしまっているという問題が生じている場合には、加入している生命保険の見直しをしたほうがいいでしょう。保障を薄くする、解約するという方法を選択することにより、保険料の負担を軽減することが可能です。また、これから生命保険に加入するという場合には、まとめて支払いを行なう一時払いや期限前納を選択することにより、保険料の割引率が高くなります。一度に出ていくお金は大きいですが、保険料の総額を安くしたい人にはおすすめの支払い方法です。

また、単純に死亡保障といっても、いくらの保障なのかという点には注意しなければいけません。保障金額は高額なほど保険料が高額になります。残された家族のために必要なお金はどれほどのものなのか検討してみることが大切です。遺族年金、死亡退職金、弔慰金などの収入で不足している分が生命保険の死亡保障で必要になる金額ですが、極端な過不足が生じているようであれば保障金額を見直す必要があるといえるでしょう。

生命保険の種類の見直し

一口に生命保険といっても、実にさまざまな種類があります。見直しを行なう上で、まず自分がどういった種類の保険に加入しているのかを確認し、保障内容を把握しましょう。チェックしてみた結果、現状や今後の自分にとって必要な保障が全然ないという場合や、ある程度の保障はあるものの十分とはいいがたい場合、万が一のトラブルが発生した場合に保険が役立たないということになりかねません。

保険の見直しの時期として「定年退職」をあげることがあります。リタイアするまでは残された家族のためにと死亡保険を厚くしている人が多いのですが、定年後には自分の老後の生活のことを考慮して保険に加入することが大切です。そしてその場合には、死亡保険より終身保険への加入を検討したほうが、目的に合った保障を受けることが可能になるでしょう。

そのほか、保険の見直し時期には「出産」がありますが、自分がいま加入している保険では、子どもの教育資金を確保することができないという問題が発生してしまいます。生存給付金などまとまったお金の受け取りが可能な学資保険に加入することにより、子どもの教育資金の不足を回避するという対策が出産とともに必要になってくることでしょう。

生命保険の見直し時期

一度加入した生命保険が、一生涯にわたり自分に合っているとは限りません。人生において何度か見直しを行なったほうがいいタイミングが訪れます。

まず、見直しに適している時期が「結婚」です。これまでは自分のためだけに加入していた生命保険ですが、配偶者のためにという要素が加わってきます。配偶者が新たに生命保険に加入する、自分がこれまで加入していた生命保険の受取人を配偶者にする、配偶者のために残す死亡保険金などを増額するといった見直しが必要になってくるでしょう。

このほかの見直し時期としては「出産」があります。子どもの教育費がかかることを見越して貯蓄性のある学資保険の契約をするなどの必要性が出てきます。また、子どもの独立後には子どもを含めた家族全員の生活を維持するために保障を厚くしていた人の場合、自分とパートナーが残りの人生を安心して送ることがメインになるため、子どものためにと多くしていた保障額を減額することが可能です。

そのほかには「マイホーム」の購入がよい生命保険の見直し時期となります。住宅ローンには団体信用生命保険という、ローン完済までに契約者が死亡した場合、以後の返済が免除されるという保険が付随しており、ローンのためにとかけていた生命保険の保障額を減額することが可能です。

以上のように、なにか環境が変化したときには生命保険の見直しを行なったほうがいいということになります。当サイトでは見直しをする際のポイントをまとめていますので、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。

PICK UP|https://www.hokennojikan.com/
環境の変化に応じて、保険見直しの相談が無料で出来ます。